能動的に活動する

インターネットを通じたマーケティングや、テレビ広告などを活用したマーケティングが主流になる中にあっても、テレマーケティングの重要性は依然として高いとされています。インターネットやテレビ広告などを通じたマーケティングは消費者が広告を見てアクションを起こしてくれるのを待つという受動的なマーケティングですが、テレマーケティングは能動的に消費者に販促を促すことが出来るからです。また、テレマーケティングは商品だけでなく、自社ブランドの知名度向上にも役立ちます。電話上で丁寧な営業を行う事によって、消費者に良いイメージを与え、結果的にそれが売り上げにつながるケースも多いのです。料金もテレビ広告に比べると安いので、上手に活用したいマーケティング手法です。

テレマーケティングの料金体系は、業者によって電話をかけて本数に応じて課金されるタイプと、実際にテレマーケティングを通じて商品の販売契約が成立した件数に応じて課金されるタイプの二種類があります。前者のタイプはマーケティングが必ずしも商品の売り上げに直結するとは限りませんが、その分料金は1件あたり数十円から数百円程度と安いです。テレマーケティングを通じて自社の知名度を向上させたいと考える業者にとっては都合の良い料金体系であると言えます。他方、販売契約が成立した件数に応じて課金されるタイプは、1件あたりの料金単価は高く、販売した商品の値段の1割から2割程度というのが相場です。料金は高いですが商品が売れた場合にのみ課金されるので成果に直結するという利点があります。